<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

''あしたのために 串市''竣工写真

e0002951_2333714.jpg
e0002951_2334697.jpg
e0002951_23234150.jpg
e0002951_234096.jpg
e0002951_23122788.jpg


''あしたのために 串市''


以前も同じくこの木屋町先斗町界隈で営業をされていた''串かつ屋''の移転プロジェクト。移転前の店舗は6.5坪とかなりの狭小店舗。しかし今回は更に狭くなって4坪という、これまでの中であり得ないスケール。デザイン自体が必要なのかどうか?自問自答しながらデザインを進めました。

オーナーからの要望は、
●老若男女問わず足を運んで下さるようなお店。
●雰囲気を楽しんで寛いで頂けるようなお店。

という非常にシンプルな要望。

串かつを出すということと、自分がこのお店のお客である事から、客目線でこのお店がどうあって欲しいか?というアプローチからデザインを始めました。

キーワードは
○ボクシング
○男前店主
○日本的な(先斗町歌舞練場前にふさわしい)
○宮崎県
○狭小
○木
○常連客


○ボクシング
この串市のオーナーは元プロボクサーで、ボクサー客が多く、趣味でボクシングを楽しんでいる方もお店にいらっしゃいます。強靭な鋼の肉体のように、安定感あるデザインのお店をイメージしました。戦うサムライのように例えて、外壁は鋼板の平葺き。これは同時に様々なデザインが溢れるこの界隈に、唯一存在しなかったデザインだったので取り入れました。

○男前店主
串市のオーナー(通称:リョウさん)は男性・女性客問わず人気で、リョウさんの人柄に惚れ込んだお客さんが多く、以前の店舗より更に顔が見えやすく、1対1の対話を楽しめるデザイン。

○日本的な(先斗町歌舞練場前にふさわしい)
京都を代表する通りである先斗町先斗町歌舞練場前という立地に相応しいデザイン。街並を壊さず、この界隈の街並や周辺環境を引導していけるようなデザイン。

○宮崎県
オーナーの出身が宮崎県という事もあり、メニューにも宮崎名物が並びます。そんな中ダイレクトに宮崎という印象を与えるよりも、その地域を彷彿させるような仕掛けを含めたデザインをイメージしました。高千穂峡のような造形美をこの狭小空間で表現しました。薄明光線のような照明もこの高千穂峡に射す幻想的な光からの発想です。

○狭小
高千穂峡のような狭いながらも美しい造形美の中に身を置く事で、何とも言えない快適さが味わえるのではないか?狭小空間だからこそ、お客同士が肩を寄せ合い、語り合う事で、本来の飲食店の楽しみのようなモノを取り戻したく、あえてこの狭小空間を楽しんで頂けるように、天井高を抑えそれぞれが譲り合って、肩を寄せ合えるような空間となっています。

○木
以前のお店も大きな木のカウンターがあり、その温もりを違うカタチで引継ぎたく、また自然な素材に囲まれた空間にいる事で、森林浴のような心落着く空間になるよう、壁面にアールを用いたり、大きく垂れ下がる木のヴォリューム感を表現しました。

○常連客
皆さんに同じ環境で楽しく・仲良く食事やお酒を楽しんで頂きたいというオーナーや自分の気持ちを優先したかったのですが、入口の上に他店舗へのアクセスになる階段のヴォリュームが存在し、カウンターの入口席のみ、''階段下''という不利な空間が発生。その不利な条件を逆手にとって、階段の角度を奥まで引っ張ることによって、階段下という印象を払拭し、あたかもそのヴォリュームが計算された角度であるかのような表現を試みました。カウンター上の斜めの壁の角度はその階段の角度を利用したもので、先の薄明光線もその不利な条件から産まれた偶然の産物です。またこの照明はお客さんの頭の後ろから手元を照らす照明となるため、眩しくないという利点もあります。


狭小店舗だけにデザイナーとしても、細部でかなりの迷いがありました。今となっては''あそこはあぁ〜しておけば良かった''等、悔いの残る部分もありますが、実質設計期間2週間、施工20日(9:00〜17:00限定)の中で、ここまでのクオリティーに持っていけた事、解体後ファサード部分に構造欠陥がみつかり、急遽オーナーと建物所有者と話合いを設け、基礎を造り、柱・桁を抱き合わせる等の構造補強も施さなくなる等の、時間ばかりが無くなる中、妥協せずにデザインを完成させて頂いた工務店、その他職方の皆様には大変感謝しております。

またオーナーはじめ、常連客の皆様から多大な身に余るお言葉をかけて頂き、大きな評価を頂けたことに大変感謝しております。オーナーには最初から最後まで100%の信頼を頂き、忙しい中打合せや現場にも何度も足を運んで頂き、一緒にデザインを完成させて頂けた結果、こういう空間が産まれたと思います。自分としては、自分がデザインしたというより、お客さんが望んでいる'' 串市''を代わりにカタチにさせて頂いたという気持ちが大きいです。

これからも今までと変わらぬご愛顧頂き、皆さんと一緒に肩を寄せ合い、語り合え・集えるような空間であり続ける事をデザイナーとして切に願います。



デザイン:設計事務所アトリエボンド
施工:(有)ベストプランニング
家具:キャビネットメーカーボンド
(※カウンターチェアはオーナー支給)



''あしたのために 串市 ''
営業時間*18:00〜4:00(ラストオーダー*3:30)
定休日 *木曜日
座席  *カウンター5席 ボックス席4席(最大6席可)

〒604-8017
京都市中京区木屋町通り三条下ル材木町178-1第八小橋会館1F MAP
E-mail *info@kushiichi.com
WEB   *http://www.kushiichi.com/
TEL   *075-241-0911





「ツマヨウジから建築まで・・・」
設計事務所アトリエボンド
〒617-0002
京都府向日市寺戸町新田3
TEL : 075-922-0527
FAX : 075-922-0528
MAIL atelier-bond@muj.biglobe.ne.jp
by atelier-bond | 2009-01-29 23:04 | abデザイン | Comments(0)

先斗町歌舞練場前 ''あしたのために 串市'' 1/25 オープン!

e0002951_1452490.jpg



京都先斗町通り先斗町歌舞練場前に明日18:00より


''あしたのために 串市 ''(串かつ屋)がオープンします。


※内部写真等の詳細は後日竣工写真をご期待下さい。


''あしたのために 串市 ''
営業時間*18:00〜4:00(ラストオーダー*3:30)
定休日 *木曜日
座席  *カウンター5席 ボックス席4席(最大6席可)

〒604-8017
京都市中京区木屋町通り三条下ル材木町178-1第八小橋会館1F MAP
E-mail *info@kushiichi.com
WEB   *http://www.kushiichi.com/
TEL   *075-241-0911





「ツマヨウジから建築まで・・・」
設計事務所アトリエボンド
〒617-0002
京都府向日市寺戸町新田3
TEL : 075-922-0527
FAX : 075-922-0528
MAIL atelier-bond@muj.biglobe.ne.jp
by atelier-bond | 2009-01-24 14:52 | お知らせ | Comments(8)

明日レセプションパーティ。

e0002951_2455910.jpg
e0002951_246916.jpg
先日からこのブログでも載せているプロジェクトがようやく完成し、明日レセプションパーティを迎える事が出来ます。周辺の方々の噂にもなっている今回のプロジェクト。既に様々なところで影響が出てます。

今回は世界的にも有名な観光地京都の中でも、風情のある通り先斗町。自分が最も好きな京都の通りです。しかも学生時代の卒業設計で課題にしたところ。そんな運命的な場所に今回店舗のデザインをさせて頂きました。

しかも先斗町歌舞練場前という名称を付けられる立地。ココを訪れる方には必ず目にして頂けるという有難い場所です。

そんな立地に4坪という考えれないような狭小空間をデザインさせて頂きました。話題になっているのは、その影響もあります。4坪の空間にどこまでデザインが活かせられるのか?非常に頭を悩ませましたが、時間限られる中、1ヶ月という期間でデザインし、1ヶ月(正月休み挟む)で竣工させなければならなく課題も山積み!!

まずは4坪でいくつの客席を設けられるのか?厨房は確保出来るのか?快適で邪魔にならないトイレは設けられるのか?お客様が寛げる空間が出来るのか?そんな自問自答に頭を悩ませました。

特に一番辛かったのは、以前の店舗がほとんど常連さんに支えられていて、その常連さんを自分が知っているという事。実は自分が通っていたお店のオーナーさんからお話を頂き、今回のプロジェクトに参加させて頂きました。このプレッシャ−が本当に大変でした。本日のレセプションで常連さんに気に入って頂けるか?今も心臓がバクバクしています。

狭小空間なため、出来ることも限られますが、狭い中にも理由のいらない快適さをデザインしています。宮崎県高千穂峡のような、心休まる風景を表現してみました(自分でハードル上げてます・・・)。

どんな場所にオープンするかは、明日のブログをご覧下さい。オープンは明後日の1月25日(日)18:00です。




「ツマヨウジから建築まで・・・」
設計事務所アトリエボンド
〒617-0002
京都府向日市寺戸町新田3
TEL : 075-922-0527
FAX : 075-922-0528
MAIL atelier-bond@muj.biglobe.ne.jp
by atelier-bond | 2009-01-23 23:46 | デザイン | Comments(0)

時の香り

e0002951_0533636.jpg
歴史が刻まれたモノって独特の空気を持っています。そんな空気を次の世代に引き継ぎたく、歴史の跡を残す事にしました。


皆さん碍子ってご存知ですか?


今は使われていないのですが、これは昔、電線を建物に固定する時、電線と建物を絶縁する役割をすると同時に線の固定をしていました。


現在ではこのタイプは製造されていないのですが、古い住宅の天井裏には現在でも残っていると思います。


陶器で出来ていて、取付けされた時から取り外される瞬間までの、埃や汚れが付着していました。それを丁寧に洗い今回のプロジェクトに、別のカタチで使う事にしました。大した役割ではありませんが、少しでもその存在に気づいて頂ければ、それだけで存在価値があるのではないか?と思います。


時の香りしますか?




「ツマヨウジから建築まで・・・」
設計事務所アトリエボンド
〒617-0002
京都府向日市寺戸町新田3
TEL : 075-922-0527
FAX : 075-922-0528
MAIL atelier-bond@muj.biglobe.ne.jp
by atelier-bond | 2009-01-23 00:53 | 風景 | Comments(0)

大事件!大量ガス漏れで現場に入る事が出来ません!!

e0002951_11511482.jpg
e0002951_11512367.jpg
昨日現場へ車で行くと、現場の手前で規制線と大勢の警官と人だかり!!警察官がマイクで

''この先大量ガス漏れのため、封鎖しています。通行出来ません!!''


''もしかして自分の現場!?''と思い、急いで車を近くに止めて、警官に詰め寄ると

''この先の建物から大量のガスが漏れています。ガス爆発の危険性が高いので下がって下さい!!''

の一点張り!警官に事情を話すと・・・何とか自分の現場ではない事が判明しましたが、ガス漏れの建物は自分の現場から15m!!大変危険な状況です。慌てて現場へ向かうと、職人さんは最後の詰めでそれどころではなく、黙々と作業を続けていました。この件でケガ人や負傷者が出てない事を願います。

腰が抜けそうな程安心しましたが、昨日は家具の納品とクリーニングと写真撮影とスーパーハードなスケジュール!!時間がありません!そんな中でも何とか家具も搬入し終えて、クリーニングの合間に強引にフォトグラファーの平井美行氏に撮影をお願いして何とか全ての作業が終了しました。バタバタの一日でしたが、カウンターも綺麗になり、あとは竣工検査が通って、無事に引渡・オープン出来れば・・・と願うばかりです。工務店の皆さんあともう少し頑張って下さい。

写真のカウンターはキャビネットメーカーボンドでオススメの栓の木。結構は柔らかい木なのですが、この栓(北海道産)は堅めでカウンターには手触りも良く、今回の雰囲気にもいい感じで馴染んでくれています。今回のカウンターと家具(カウンターチェアを除く)は全てキャビネットメーカーボンドで創らせて頂きました。

店舗の詳細については後日お知らせ致します。




「ツマヨウジから建築まで・・・」
設計事務所アトリエボンド
〒617-0002
京都府向日市寺戸町新田3
TEL : 075-922-0527
FAX : 075-922-0528
MAIL atelier-bond@muj.biglobe.ne.jp
by atelier-bond | 2009-01-21 07:51 | 仕事 | Comments(2)

鎧/薄明光線

e0002951_16254384.jpg
e0002951_16255481.jpg
現在進行中のプロジェクトがいよいよ終盤を迎えました。何せ狭小空間なため、写真にすぐ全体が納まってしまうので、小出しにまた非常にずれた視点で写真撮ってます。

今回は設計期間も施工期間も非常にタイトで(正月休みが絡んでいるので)、予算も当初よりかなりオーバー(建物自体が古く老朽化している等の要素を含み)・・・。途中部分的に構造補強を施さないと危険だった事もあり、とても苦戦しているプロジェクトです。

4坪の狭小店舗で何が出来るか?クライアントから特別な要求もなく、手探りな状態からデザインをアプローチしました。京都を代表する名所先斗町歌舞練場のすぐ側に位置するものの、京都一の飲食店街。様々なデザインが既に出来上がっている中で、如何に際立たせ、如何にお店と店主の個性を引き出せるか?ここが非常に悩み所でした。

そんな中、クライアントのある特徴を表現しました。

鎧(よろい)


鎧とはいろんな意味合いがあると思いますが、今回はその鎧をキーワードに外観をデザインし、その他の部分ではクライントが過去に見て来た風景をオーバーラップさせられるような手法を取入れようと思っています。

薄明光線(はくめいこうせん)のように、お店に入って来たお客様が感動して頂ける様な光を導き出せればと考えています。4坪なので入って来られた一瞬が勝負です。

後は勝負が得意なクライントとカウンター越しに、真剣勝負をして頂くような空間構成を考えています。もうすぐ完成です。乞うご期待!!




「ツマヨウジから建築まで・・・」
設計事務所アトリエボンド
〒617-0002
京都府向日市寺戸町新田3
TEL : 075-922-0527
FAX : 075-922-0528
MAIL atelier-bond@muj.biglobe.ne.jp
by atelier-bond | 2009-01-14 16:15 | デザイン | Comments(2)

19の旅 〜 錦帯橋 〜

e0002951_16594234.jpg
e0002951_16595089.jpg
e0002951_16595735.jpg
e0002951_170431.jpg
e0002951_1701140.jpg
e0002951_1701875.jpg
e0002951_1703128.jpg
19の旅復活です。お腹を膨らませた後は、脳を活性化するために美しいものを見ようと、山口県岩国市錦帯橋を見て回りました。

自分の原点は風景を創る!ところにあるため、より美しい風景を探しにこの数年全国を旅しています(まだ一部ですが)。19歳の頃はこういった風景よりも、きらびやかな建築自体に興味がありました。しかし、10数年建築を勉強すると、学ばなければいけないのは、今の建築よりもそのベースとなる部分かな?と思い、今回は構造だけでその造形美を形成している、錦帯橋に興味を持ちました。

デザインのベースは構造です。ものの成り立ちを理解していないとモノを創る事は出来ません。住宅も構造を理解して初めて内部の空間が決まります。家具にしてもその他のデザインにしても、その成り立ちであるプロセスが美しくないものは、どれだけ化粧を施しても本当の美しさを手に入れる事は出来ないでしょう。

錦帯橋は元々岩国城とその城下町をつなぐために計画されました。しかし、200m幅の錦川にかける橋は度々水害によって流されていたそうです。そこで、アーチ型の現在のカタチに行き着いたそうなのですが、この技術は実は300年以上も前に出来たものです。人間追込まれるとスゴイ力を発揮するのですね。

その後も水害によって架け替えが行なわれているのですが、300年前の人々がこれを創ったという事に脱帽です。どこから見ても美しいこの橋は、これから未来永劫引継がれ残されていく風景の一つでしょう。

最後の写真はあの有名な剣客佐々木小次郎岩国城。一説では佐々木小次郎の出身地が岩国であるとされており、佐々木小次郎の秘剣燕返しも一説ではここ錦帯橋の近くで編み出されたとされているが、それも定かではない。

様々な土地を訪れて、その土地の空気や建築物に触れる事は、歴史にも触れる事であり、自分の見識も広がり一石二鳥以上の価値がある。やはり風景を創るにはその現場に訪れて、その空気に触れ、空気を感じなければならないと強く感じました。




「ツマヨウジから建築まで・・・」
設計事務所アトリエボンド
〒617-0002
京都府向日市寺戸町新田3
TEL : 075-922-0527
FAX : 075-922-0528
MAIL atelier-bond@muj.biglobe.ne.jp
by atelier-bond | 2009-01-11 16:50 | | Comments(2)

十日ゑびす/Y カニカニカニ Y

e0002951_18554216.jpg
e0002951_1855516.jpg
今日は朝から冷えますね。京都三山は雪化粧です。特に底冷えで有名な京都はこれ以上ない位寒い一日でした。

そんな日に限って大切な事ってあるんですよね。今日は十日ゑびす。現場で簡単に打合せを終わらせて京都ゑびす神社へ。土曜日という事とこの不況で神頼みの方々の列(自分も同類なのですが)。毎年10日(平日)の昼間に行くのですが、その時は約15分で帰れるのですが、今日は45分もかかりました。

今年も例年と同じく、細々とですがこうして事業を続けられた事に感謝をして参りました。たまたま始めた事業が7年間仕事が途切れることなくやって来れたのは、やはり神様のおかげです。自分だけではなかなか・・・。

自分には独立当初から、景気のいい話なんて舞い込んで来た事がないので、常に危機感との戦い。こんな時代にはそんな気持ちが意外にいいのかも知れませんね。自分の性格上一度いい思いをしてしまうと、なかなか抜けられそうもないので。

そんなこんなで何とか8年目に突入してしまったのですが、今年は更にデザインにも磨きをかけ、家具部門の祈願も兼ねてお参りして来ました。

寒空の中震えながら寄り添い歩く人間様同様に、蟹も寒そうです。・・・というより窮屈そうです。現場前で通行人が声を揃えて気持ちワル〜!!とこの姿を見て通り過ぎますが、このような状況を引き起こしているのは、この気持ち悪いものを食べる人間が悪いのでは???と一人疑問に思いながら、その滑稽な風景を眺めていました。ちなみに自分は嫌いではありませんが、カニを全く必要としません。

今日から世間では3連休なんですね。自分は仕事やら打合せやら、会食等で休めそうにもありません・・・。皆様お風邪等ひかれませんよう、楽しい連休をお過ごし下さい。




「ツマヨウジから建築まで・・・」
設計事務所アトリエボンド
〒617-0002
京都府向日市寺戸町新田3
TEL : 075-922-0527
FAX : 075-922-0528
MAIL atelier-bond@muj.biglobe.ne.jp
by atelier-bond | 2009-01-10 18:56 | 京都 | Comments(0)

現場に妖怪現わる!!

e0002951_1773057.jpg
19の旅のお話は少し休憩。皆さんがデザイン事務所だと忘れないうちに、現場の話題も・・・。

今日、年末より進めて来たプロジェクトの現場監理に。今回は経験した事もない位の狭小店舗。何と4坪!!しかしオーナーも自分も現場の方々の想いもたっぷりと詰まった空間。

そんな現場に入るといきなり妖怪出現!!水木しげるもビックリ!

これはぬりかべ?それともいったんもめん??


理由のつかない居心地の良い空間を目指して竣工までもう少し頑張ります!
今回は天井に仕掛けアリです。




「ツマヨウジから建築まで・・・」
設計事務所アトリエボンド
〒617-0002
京都府向日市寺戸町新田3
TEL : 075-922-0527
FAX : 075-922-0528
MAIL atelier-bond@muj.biglobe.ne.jp
by atelier-bond | 2009-01-09 17:07 | デザイン | Comments(4)

19の旅 〜 地方を味わう 〜

e0002951_12484783.jpg
e0002951_12485591.jpg
e0002951_1249434.jpg
e0002951_12491261.jpg
e0002951_12491970.jpg
お墓参りで冷えた体を温めるため、お墓の麓にあるとある温泉地へ(どこかわかるかな?)。朝10時からゆったりと温泉で寛ぎました。ここの温泉は非常に泉質が良く、トロッと肌にまとわりつき、柔らかいお湯です。また、驚きはシャワーから温泉が出て来ます。

頭を洗っていると硫黄の臭いがして、シャンプーをすすごうと思うと湯の華が付着していて、一瞬大きなふけのかたまりかと驚きました。通常こういう温泉に備え付けのシャンプー等を使うと、髪がきしんでパサパサになりますが、ここは温泉がシャワーから出るので、温泉のぬめりで逆にシャンプーが落ちているかわからないほど、髪がしっとりします。乾かすとサラサラになりました。

徹夜で高速を飛ばし、朝ご飯も食べずにお墓参りしたので、空腹も最高潮!ここでついでに腹ごしらえを・・・。''1000円以上の食事を頼むと入湯料が半額に!!''といううたい文句につられて、セットを頼みました。頼んだのは''たこ釜飯セット''温かい肉うどんがついています。湯上がりでまた冷えそうな体を肉うどんが空腹とともに救ってくれます。たこ釜飯は若干時間が掛かるので、その間に肉うどんは最高のつなぎでした。

たこ釜飯はたこがたくさん入っていて、ご飯の隅々までたこの旨味が詰まっていてこれが旨い!少しお醤油が焦げた部分もあり、食欲が益々湧いて来ます。空腹もあってあっという間に完食!ごちそうさまでした。

一人でふらり立寄ったにも関わらず、個室で一人庭を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごす事ができました。これだけのサービスがあって¥1400は大変お得です。

自分がこうして食べ歩きを始めたのも(別に仕事ではないので)19歳の頃。あの頃はお金もなく、お金があれば建築専門書を買いあさってました。今程飲食店が建物や内装にこだわってなく、たまにこだわったお店の内装が凝っていたのを見て、ただ内装が見たいがためにこだわりの店は内装もこだわっている!と思い込み食べ歩きを始めました。懐かしい・・・。

このあとは用が済んだので帰るだけなのですが、ゆっくりと時間をかけて中国地方を観光して帰ることにしました。




「ツマヨウジから建築まで・・・」
設計事務所アトリエボンド
〒617-0002
京都府向日市寺戸町新田3
TEL : 075-922-0527
FAX : 075-922-0528
MAIL atelier-bond@muj.biglobe.ne.jp
by atelier-bond | 2009-01-08 12:49 | | Comments(4)


国内外を旅をしながら、デザインとブランディングで各地のみなさまのお役に立つことを目的とした事務所です。デザインが人々にとって価値があるように、またデザインさせて頂いた地域が元気になることを心がけています。


by atelier-bond

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
abデザイン
abキャビネット
abプロダクト
abプロデュース
キャビネットメーカーボンド
雑誌掲載
取材
セミナー
デザイン

飲食店

LIFE

京都
abブランディング
仕事
風景
お知らせ
休日

パーティ
環境問題
建物探訪
読書
個展
shop
現場
美容業界
出張
韓国出張
ごあいさつ
まちづくり
想い
こい?まち
おみやげ
インターン
アルゴの家
こだわり
綾部
講師
バーガーショップ
スイーツ
生産地見学
★大山崎の家
★Work upオフィス
★物集女の家
★Kitchen Norita
★梅ノ木の店舗
★右京の家
★O邸スタイリング
★西脇の家
★two-story home
住宅調査
まかない
快適生活アイテム
MIYAKO
リノベーション
店舗デザイン
★京町の家
★庭工房おがわブランディング
★祇園クラブ
★一坪プロジェクト
★東大阪のリノベーション
★another world
★笠岡の家
★1Rプロジェクト
★SAKS HAIR
★Souder邸リノベーション
★南丹の家
★H邸マンションリノベーション
★オショカジ bon.
★蒲生工務店リニューアル
★奥ざしきたつのこ
*Shinden
★向日市のスキップフロアーの家
★大東の家
★京丹波町の家
★福山の家リノベーション
視察
★下鴨のリフォーム
★向日市の高台の家
★店舗デザイン監修
★たくみブランディング
*cacoto
★希望の住処
★ニューくまもと亭
★港屋たるみず
★キッチンラボ
★劇場酒場たまるや
★福山の家のリフォーム
*合志の家
★鹿児島コンセプトハウス
★松尾のリフォーム
★旬家はちどり改装工事
*東区の家
*大江の家
*酒有別腸鹿児島店
相談会
NY出張
熊本地震

ライフログ


古民家スタイル 10


和/空間BEST100


Esquire (エスクァイア) 日本版 2008年 01月号 [雑誌]


京町家―スローライフに学ぶ生活術


俵屋の不思議


Lofts


Isamu Noguchi: A Study of Space


S,M,L,Xl


Pure Piano


BEGIN シングル大全集

リンク

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
ニューヨークでのヨガ生活
My life in Y...
金魚ちゃんとその家族
ワシントン広場の夜は更けて
水色の雨
Non c'e` male
ピアノ弾きのつれづれなる...
resahisoα
ワシントン広場の夜は更け...
いろいろなないろ
日々のこと。

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

最新のコメント

hitoriさんありがと..
by atelier-bond at 14:05
hitoriさん新年明け..
by atelier-bond at 14:00
こんにちは。私が今勤めて..
by hitori at 09:52
新年明けましておめでとう..
by hitori at 23:54
hitoriさんお返事が..
by atelier-bond at 00:52
熊本でまた素敵な仕事をさ..
by hitori at 16:41
hitoriさんこのたび..
by atelier-bond at 00:49
先日は、お誘いを頂き有難..
by hitori at 21:03
雅子さんありがとうござい..
by atelier-bond at 00:55
ご無沙汰してます〜! あ..
by 雅子 at 22:57

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
8日で完全マスター!海外..
from 8日で完全マスター!海外トッ..
8日で完全マスター!海外..
from 8日で完全マスター!海外トッ..
決心
from oyazimecen
初志完徹
from syncstudio col..
ひつまぶしブログ
from 名古屋のひつまぶし
竣工パーティー + 花火..
from f-daisaku_a+a_..

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

経済学

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

画像一覧